« 親指モバイルFMV-830MG/Sファーストインプレッション | トップページ | 私の愛用ソフト その1 »

2005.02.22

私のメインマシン

現在の私のメインマシンは富士通のFMV-LIFEBOOK 7000NA4というノートパソコンだ。これは2003年に購入してすでに2年目に突入している。

実をいうと、1997年頃までワープロ専用機をメインに使っていて、それはOASYS 30-LX605という機種で現在も現役で活躍してくれている。その頃まではパソコンと言えばモバイル用途としてのMS-DOSマシンをメインに使っていた。富士通のFMR-50NB1(CPU 80C286 8MHz/RAM 2MB/FDD 内蔵/液晶 640×480 白黒16段階)という機種でこれと携帯プリンターと携帯モデムを常時持ち歩いていたのだ。まぁ、自宅と職場を往復するだけだが、今思えばとてつもなく重いモバイルマシンだったものだな(笑)

しかし、これはこれでなかなか快適だったのも事実で、本格的な親指シフトキーボードとFM-OASYSというソフトとの組み合わせはなかなか秀逸で、HDDすら内蔵していなかったが他のマシンを購入しようとする気にはさせなかった。


そんなパソコンライフを送っていたσ(^_^)が、本格的にパソコンを使い始めたのは1997年というわけだが、環境を大きく変えようとしたその理由は三つある。

 1.OSであるWindows 95が安定してきたこと。仕事ではすでにWindows 3.1は使っていたが、まだまだ個人で使うものだとは思えなかった。だからWindows 95が出たときはそろそろ買おうかとも思ったのは事実だ。しかし、まだ生まれたてのOSというのは不安定なものだという経験則がはたらいてしまい、思い止まってしまった。それがbというマイナーバージョンアップがされたことは大事なことだった。

 2.やっと、インターネットが身近な存在になりつつあり非常に興味をそそられたこと。さすがに手元の環境でインターネットが出来ないことは承知していたので、買い換えの踏ん切りがついたという意味では、結構重要だったのかもしれない。

 3.本格的な親指シフトキーボード搭載ノートパソコンが発売になったこと。パソコンを買うのにあたってはデスクトップという選択肢は全くなかった。これは単純に置く場所がないからだ。今後もっと広い家に引っ越ししたら購入の検討に値するのではないかと思っている。しかし、当時の私にとってのパソコンに求めるものは、ノートパソコンでなおかつ親指シフトキーボード搭載であることであった。このような選択肢の中で、親指シフトキーボード搭載ノートパソコンといえば、言い方は悪いが一世代前のスペックというのが私の印象だった。ところが、1997年にFMV-BIBLO DCというシリーズが発売になり、ようやく同時期に発売される他のパソコンと遜色ないスペックになってきたのだった。


初めてのWindows機はFMV-BIBLO DC model 16NA3という機種で、いろいろと手を入れてメモリ増設(128M×2)で32Mから288Mにし、HDD交換で2.1Gから6Gへ変更した。OSはWindows 95からWindows 98SEを経て、最終的にはWindows 2000 Professionalを載せて約6年ほど使い続けた。しかし、モバイルマシンより遅いメインマシンというのも辛いもので、転職を機に買い換えに踏み切った。DC君はオークションにて新しい親指シフターのもとへと受け継がれていったのであった。

親指シフトキーボードはLIFEBOOKという法人向けカスタムメイドノートパソコンにのみ搭載出来る。そのため2003年6月に親指シフター御用達の富士通専門店「アクセス」さんで次のようなカスタムメイドを頼んだ。ベースになったのはFMV-7000NA4である。

 〔カスタムメイド内容〕

FMV-7000NA4
OS変更→Windows XP Professional SP1a
KB変更 OADG→親指シフトキーボード(Japanist 2003付)
CPU変更 → モバイルIntel Pentium 4プロセッサ-M
         (拡張版Intel SpeedStep テクノロジ搭載) 2.50GHz
LCD変更 → 15インチ[SXGA+ 1400×1050]
内蔵ユニット変更 → DVD-ROM&CD-RW

現在は、この他にいろいろと手を入れて次の構成を変えてある。メモリとHDDの変更はかなり処理能力を向上させたらしく、とても快適な作業環境が整っている。

 〔変更内容〕

OS更新→Windows XP Professional SP2
メモリ変更 128M→GREEN HOUSE GH-DNW266-512M×2=1G
HDD変更 20G→高速タイプ TOSHIBA MK6026GAX
           容量:60GB/回転数:5400rpm
           キャッシュ:16M/I.F:Ultra DMA100/流体軸受

それまでは親指キーと変換キーが独立型の親指シフトキーボードしか知らなかったので、ノートパソコンの親指キーと変換キーが共用型の親指シフトキーボードは最初の数分間はしっくりこなかった。しかし、実際にもう8年も使っていると共用型のメリットも非常に感じる。


   <キーボードの外観について>

 独立型については、
  http://software.fujitsu.com/jp/oasys/2002/kanren2002.html#usboyayubi
 を参照のこと。

 共用型については、
  http://www.saccess.co.jp/oasys/special.html
 を参照のこと。


もともとの親指シフトキーボードがこのような形だったら、もっと多くの支持を受けることも可能だったのではとも思わせるくらいだ。あの独立キーの存在はキーボード作製の上で大きな障害ではなかったのか、共用型だったならとさえ思うこともある。まぁ、いずれにしろ、ワープロ専用機で培った独立型の親指シフトキーボードは非常に快感で、これはこれでいつまでも使い続けたいと思わせる価値があるのもまた事実なのだ。

また、あくまでノートパソコンという土俵上では、LIFEBOOKの共用型親指シフトキーボードはまことに快適であり、作業をしててとても楽であることは確かなのだ。この親指シフト専用キーボードって、ノートパソコンのキーボードとしてもかなり秀逸だと思ったのも事実である。

あぁ~あ、いつかキーボードの考察でもしようかな。

|

« 親指モバイルFMV-830MG/Sファーストインプレッション | トップページ | 私の愛用ソフト その1 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「親指シフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11168/3033448

この記事へのトラックバック一覧です: 私のメインマシン:

» なぜ、親指シフトなのか? [私的徒然草 by GAN☆]
私はなぜ、親指シフトを好んで使うのだろうか。今回は親指シフトへ移行した過程を書い [続きを読む]

受信: 2005.06.28 05:15

« 親指モバイルFMV-830MG/Sファーストインプレッション | トップページ | 私の愛用ソフト その1 »