« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.27

PMMがメイン、HMはサブ?

煙草遍歴~メンソールへの道?~を書いて一年以上経ちますが、ようやく落ち着いてきました。

いまほとんど毎日二箱以上開けていくのは、PHILIP MORRIS SUPER MENTHOLになりました。ホントに時々吸いたくなって手を出すのがHOPE MENTHOLですね。

それにしてもあれはなんですかね。私の煙草もとうとう禁煙広告に占領されましたよ。全体の1/3が広告となるのは知ってましたが、実際見てみるとこれは嫌だなとしみじみ思いました。これじゃ、デザインが台無しです。せめて片面だけに印刷するとか、代替案はなかったのでしょうかね。

それでも、σ(^_^)は煙草を優雅に吸うことにします(^_-)

話がそれましたが、完全にMENTHOLに移行したようです。体も他の煙草を受け付けなくなりました。一応試してみたけどあまり美味しくないみたいです。ただ、無性にHOPEの青とか赤とか吸いたくなるんですね。やはり、初めての味っていうやつなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

なぜ、いまさらワープロ専用機を使うのか

なぜ、いまさらワープロ専用機を使うのかと言えば、単純に使いやすいからです。パソコンを使っている私にとっては矛盾する話でもあります。でもどちらも私の真実の発露の結果なのです。これは分かる人だけ分かってくれれば嬉しいo(^-^)o

ワープロ専用機はある意味優れたパソコンだったのかもしれません。単機能だったがゆえに消えてしまったけれど、単機能だからこその必要性があったのではないでしょうか。みんなが忘れてしまったその必要性について考えてみたいと思います。

ワープロ専用機OASYSはとても使いやすいマシンでした。また、親指シフトキーボードとの相性も抜群によかったですね。その操作性は一度使ったら二度と他のワープロ専用機が使えないほど優れたものだったと思います。トラブルも無く故障知らずでホントに手に馴染んだ万年筆のような道具でした。そう、道具としての必要性、ここに重要な意味があるのではないでしょうか。

今でも私のところではワープロ専用機OASYSが現役で活躍してくれています。20年近く前のマシンなのに特に不便なことはありません。それよりまれにみる画期的な操作体系や、トラブルや故障をまったく心配しなくていいという安心感、そして余計なことを考えないで文章を綴ることに専念出来る快適感、そうなんです。使っていて心地よいのがワープロ専用機OASYSという道具なのです。

マウスとキーボードを行ったり来たりするあのイライラ感や、なんでこんな時に起こるのという予期しないトラブル、そしてなんといっても一瞬で消える書きかけの文章の怖さ、文章を綴るという作業だけに没頭出来ない不快感、そうなんです。使っていてちっとも心地よくないのが多機能な今の時代のパソコンという機械なのです。

知ってますか。巷に氾濫するパソコン雑誌の中身の大半がなんであるか。初期設定の変更、高速化の方法、なぜ重くなる、フリーズ&エラー撲滅、不具合対策、お悩み解決、どこも似たりよったりなこんな特集ばっかり組んでいるのが現状です。これってつまりは、みんながパソコンでなんらかの不都合を抱えて使っているということの証ではないでしょうか。

今の技術なら、また優れたワープロ専用機という名のパソコンが創れると思うのは私だけでしょうか?
忘れ去られた利点を活かした、手に馴染む万年筆のようなものを創造してくれはしないのでしょうか?

私は声を大にして言いたい。

トラブルや不具合はもうゴメンだぁ~~~

パソコンのメンテナンスから解放して欲しいゾォ~~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.18

ワープロソフトOASYSは使いやすいし、日本語ユーティリテーJapanistは最高だ

一大勢力を誇った超メジャーワープロ専用機OASYSはもう既に消えてしまいましたが、実は開発元の富士通ではパソコン用後継ソフトとしてのOASYS(日本語入力環境OAKを含む)を開発し販売を続けています。ワープロ専用機OASYSで培った技術を余すところなく投入し、ワープロ専用機OASYSからの移行がスムーズに行えるようにしているわけです。ひたすらOASYSユーザーをサポートし続けるその姿勢には感謝の言葉しかありません。

そのワープロソフトOASYS(OAK)ですが、とても使いやすいソフトに仕上がっていたと思います。OASYSユーザーの移行を容易にした操作体系は秀逸ですし、ワープロ専用機OASYSがパソコン上で動くことには感動さえ覚えました。日本語入力環境も同じ操作体系ですし、親指シフトキーボードを使うならこれだと思ったものです。ワープロ専用機OASYSの優れた操作性・機能を継承している、まさに一大勢力を誇ったOASYSの後継者の名にふさわしいソフトになったのでした。

ワープロソフトOASYS(OAK)はその後、ワープロソフトOASYS(日本語ユーティリテーJapanistを含む)と日本語ユーティリテーJapanistに分かれ今に至っています。現在、パソコン用ソフトとしてはWindows版のみ発売されています。OASYS 2002(Japanist 2002)、Japanist 2003が最新バージョンとして、もちろんWindows XPにも対応しています。

OASYS 2002(Japanist 2002)は、ワープロソフトとしての完成度も上がりました。まだ不満もありますが、それ以上に使いやすい部分が多いのも事実です。しかも、余計なお節介がないソフトだと思うのです。他社のワープロソフトには、どうでもいいようなアトラクションがあったり、余計な邪魔が入ったりしますが、あんなこと必要ないです。必要不可欠なものだけで研ぎ澄まされたソフトであって欲しいのです。そういう意味ではOASYS 2002はとてもよいバージョンアップをしたと思うわけです。

Japanist 2003は日本語ユーティリテーという新しいジャンルを開拓した素晴らしいソフトだと思います。前バージョンのJapanist 2002は単体発売からOASYSにも同梱されるようになりましたし、ワープロソフトにおける重要度も増してきました。当然不満もありますが、それ以上に日本語入力という作業に貢献してくれていることは評価したいです。辞書も豊富ですし、入力予測が秀逸、予測認識や書き癖学習もあり、文章を綴るという作業の効率を上げてくれる最高のソフトです。新しいジャンルを開拓しながらも順調にバージョンアップしたのではないでしょうか。

OASYS 2002とJapanist 2003(もしくはJapanist 2002)、この環境で使う親指シフトキーボードはとても生き生きとしています。まさに手に馴染む万年筆のような感じにだいぶ近いのです。パソコン上で動作するソフトですから、パソコン本体の不具合など面倒なことも多いですが、ワープロ専用機OASYSに着実に近づいていることだけは確かだと思います。

願わくば、

OASYSとJapanistのバージョンアップをして欲しい!!!

富士通殿、ずっと待ってるゾォ~~~


追伸、64ビットOSが登場しまして、OASYS 2002やJapanist 2003の動作状況、親指シフトキーボード、OASYSフロッピィの読み書きへの対応状況など、情報が大変に少なくて困っております。ココログでも書かれていたのは、ふぁるさんのx64事情ぐらいしかありませんでした。となたか、情報をお待ちいたしておりますm(._.)m

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.06.17

JISキーボード親指化の方法や親指シフトキーボードをお探しのあなたへ(ノートパソコン派の方も)

JISキーボート親指化の方法や親指シフトキーボードをお探しのあなたに(ノートパソコン派の方も)朗報です。とても素晴らしいお店をご紹介します。ここに来ればいままでの苦労が嘘のようなことになること確実です。


ShopU

親指シフトを取り扱っている数少ないこだわりのお店です。店長のSTARTさんは、キーボード改造の権威といってもいいくらいの人ですから、そのこだわりは半端じゃありません。独自の視点から探し求めた改造親指シフトキーボード、親指化に適したJISキーボード、そして本家親指シフトキーボードがあります。様々なキーボード改造をしてきたShopUの店長STARTさんならではのラインナップは必見です。

自在工房あおやま

「こだわりの一品お作り致します」というコンセプトで開いているお店です。ここの「親指化計画」に画期的かつローコストになんでも親指化してしまう方法が載っています。親指化キットの販売を、マニュアル付き、サポート付き、これで2,200円という良心的な価格で販売をしてくれています。また、親指キートップシート の販売も手がけていますから完全親指化したい方にはお勧めです。特にノートパソコンについては資料も充実してますから強くお勧めしたいです。
ノートパソコンで親指化ならこれで決まり!!!

ここのマイリストの親指シフト(NICOLA)のところにも追加しました。どうぞご活用くださいませm(._.)m


話はまったく変わりますが、実はOASYSと親指シフトキーボードの未来を悲観してるblogをを見かけました。漫画「薫の拳」の原作者の佐久間信さんの書かれた「親指シフトキーボード」という記事です。
http://blog.livedoor.jp/kaorunoken/archives/25245877.html
それで、エールを送るつもりでこんな記事を書いてみたという経緯もあります。我々ユーザーが頑張ってOASYSと親指シフトキーボードを永遠に使い続けられるようにしていきたいものです。ここではそんな活動に少しでも貢献出来たらいいかなと思って、親指シフトの話題ワープロ専用機OASYSの話題、それにワープロソフトOASYSの話題をこれからも頻繁に取り上げていきたいと思っています。なにしろ、

私自身が熱烈なる愛好者なのですから!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.16

私の愛用ソフト スパイウェア編

今回はスパイウェア対策ソフトについて書いてみたいと思います。これは最近本当に必要なソフトの内のひとつなのに、うっかりして「私の愛用ソフトシリーズ」で書き忘れてしまいました(^^;

「スパイウェア」というと最近よく耳にする言葉だと思いますが、なんのことやらと言う人も多いでしょう。そんな方にはEnchanting Skyというサイトがお勧めです。なぜPCに必要なソフトなのかがよく説明されています。

さて、それでは私の愛用ソフト スパイウェア編に行きますね。

スパイウェア:Ad-Aware SE PersonalSpybot - Search & Destroy
どちらも大変重宝しています。スパイウェア対策に必需品ではないかと思っています。特にAd-Aware SE Personalがお勧めですね。日本語に対応していますし検出してくれるスパイウェアも多いです。でも、用心深い人のために書いておきますがこのAd-Aware SE PersonalとSpybot - Search & Destroyは併用して使って大丈夫です。セキュリティソフトと違って複数インストールしても何の問題もありませんのでご安心ください。

これで、たぶん...ホントにこのシリーズは終わりです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.15

FMV-830MG/Sのスペックアップ

他の親指シフトな掲示板で書いちゃったけどせっかくだから報告しておきます。親指モバイルのメインマシンですがかなり手を入れました。

覚書程度ということで許してね(^_-)

発売初日に購入済のσ(^_^)は、実はスペック的に気に入らない部分があったので、既にいろいろとスペックアップしてしまいました(笑)


★構成は以下のとおりです。

メモリ交換 256M→GREEN HOUSE GH-DNW333-512MD×2=1G

メモリはスペック上DDR SDRAM/PC2100なのになぜかDDR SDRAM/PC2700が載ってましたね。あれもアクセスオリジナルなのかなぁ~? しかし、Windows XPだとやはり1Gのメモリの威力は絶大です。非常に快適そのものですよ。

HDD換装 40G→高速タイプ TOSHIBA MK6026GAX
          容量:60GB/回転数:5400rpm
          キャッシュ:16M/I.F:Ultra DMA100/流体軸受

標準20Gを40Gにしてくれたのに換装してしまいました。だって、40Gでも心もとないのでしょうがないですよね。80Gも視野にあったのですが、値頃感から60Gにして、そのかわりに高速タイプにしてみました。体感的にかなり違うように感じました。使い心地アップですo(^-^)o 自己責任ですが換装はとても簡単です。だから富士通のPCは好きなんですよ。

オプション追加 増設用内蔵バッテリユニット(FMVNBT25)

モバイル用途ではこれが使えるのは重要だと思います。MC3/45ではこのオプションが無くてとても辛かったです(>_<) 今はモバイル環境でAIR-EDGEカード刺しっぱなしでガンガン使っています。やっと何も気にしないで使えるマシンが手に入って嬉しいですね。アクセスさんには感謝ですm(._.)m

これで私はかなり満足しています。ホントいいマシンですよ。830MG/Sは(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »