« 2005年9月 | トップページ | 2009年7月 »

2008年2月

2008.02.09

私のモバイル環境

私のモバイル環境の主役は親指シフトキーボード搭載モバイルノートパソコンFMV-LIFEBOOK 830MG/Sである。今はこれにau by KDDIW05Kを差して使っている。やっと高速データ通信定額制が実現したので非常に快適である。

携帯電話はau by KDDIINFOBAR2のNISHIKIGOIである。Tu-Ka時代に初代に憧れてはや数年ようやく手に入ったのですごく嬉しい♪
これにRRUDOの携帯電話用外付けキーボードRboard for Keitai RBK-110CII 親指シフトモデルを繋いでいる。最近の携帯電話はかな漢字変換が非常によくなっているのでメール等の入力にさほど支障はないのだが、やはり長文などはキーボードで入力出来るのは非常に楽である。

他にWindows Mobile機を持っている。WILLCOMAdvanced/W-ZERO3[es]のブラウニーブラックである。この端末はUSBホスト機能搭載で外付けキーボードが使える。そのため親指シフターの間で有名なShopUさんが独自に改造したFILCO パピヨン改<親指化版>を外付けキーボードとして愛用している。

このキーボードは折り畳み式でRRUDORboard for Keitai RBK-110CII 親指シフトモデルと同じ筐体である。とてもコンパクトで二つ携帯してもさほど荷物にならず私にとって必需品と言えるであろう。

Advanced/W-ZERO3[es]はWindows Mobile機ということもあって携帯電話なのだが非常にPCライクである。いろいろなソフトを好みに合わせて導入出来るのがとてもいい。私もいくつか導入したがやはり一番最初に入れたのはem1key親指シフト改造版 Papillon改 用設定ファイルだ。これで親指シフト入力が簡単に出来るので非常に快適である。

基本的にはPCメール転送が主目的(メール送受信無料のため)であるが、電話以外の機能はほとんど使っている。Outlookで同期させてのスケジュール管理、無線LAN接続、offic関連、エディタなどほとんどパソコン感覚での利用である。

FMV-LIFEBOOK 830MG/Sを持って出ないときでもAdvanced/W-ZERO3[es]は必ず持ち歩くので非常に頼りになる端末である。サイズ的にもちょうどよくこれが出るまで待っててよかったと心から思っている。

さて、ここまで書いてて読まれた方は気が付いたと思うが、全てのモバイル端末において親指シフト環境が実現しているのである。これは素晴らしいことである。親指シフト入力は少数派だと思われているがそれでもこれだけの環境整備が出来るのだ。やはり親指シフトは偉大である。

そしてこの親指シフト環境実現に向けて商品開発してくれた方々、ソフトの開発をしてくれた方々に深く感謝したい。

それなしに私のモバイル環境の充実はあり得なかったのだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のインターネット環境

私のところのインターネット環境はここ一ヶ月ほどで激変した。

まずモバイルではWILLCOMネット25契約(年割・A&B割適用)でAX420Nを使っていたが、au by KDDIからデータ通信カード定額制のプランが出たことで解約、代わりにAdvanced/W-ZERO3[es]のブラウニーブラックを新規契約した。キャンペーン中だったので端末は無料で手に入れた。WILLCOMはメール送受信無料なのでこれをPCからの転送メール受信にすることでauのケータイへ転送していたときより格段にコストが下がった。

そしてAX420Nの代わりにモバイル通信の主役になったのがW05Kである。auのケータイを持っていたためキャンペーンによりこの端末も無料で手に入れた。基本使用料1,890円/月でパケット通信上限額3,780円/月(セット割適用)で使えるため、使わない月で1,890円のみ、使った月でも最大5,670円で速度的にも最大3.1Mbpsというまるで夢のようなプランが実現した。データ通信を実際に使ってみてもコンスタントに1~2Mbpsは出ているので今までと比べても雲泥の差である。まるで初めてADSLを導入したときの感動を再度味わっている。また、コスト的にも完全に下がること間違いなしである。

自宅のADSLについては、今までau one net(旧DION)IP電話&ADSLレギュラーコース50M(eAccess)コースで3,540円/月(A&B割適用)かかっていたのが、W05Kのセットで格安ADSLが使えるようになった。それがADSLセット料金ADSLレギュラーコース10M(eAccess)コースが1,575円/月で使える。10Mに切り替わるのは仕方ないが、50Mの契約でも5Mbps程度でしか繋がらなかったので全く問題ない。まぁ~IP電話は使えなくなるそうだかそれよりここでもコストが下がるのが嬉しい♪

通信費を整理して計算をしてみると、
au one netが3,540円→1,575円に
auが6135円→8,025円に
WILLCONが3,402円→2,200円に
合計で13,077円→11,800円で
1,277円安くなっている。

もちろんこれは基本料金のみであるが、auはPCメール転送がなくなったのでダブル定額ライトの上限までいくことがよくあったが今度は基本料金で十分足りるし、データ通信は最大でも+3,780円で納まる。

今まで約14,000円~約19,000円程度だった通信費は11,800円~15,580円の間で済むため格段に安くなったわけである。私にとって通信費の削減は至上命題であったのでやっと整理出来たという感じである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2009年7月 »